岡山 建築設計なら山本圭介建築設計室におまかせください。木の家にこだわった岡山の建築設計事務所です。

KEISUKE YAMAMOTO ARCHITECTS
山本圭介建築設計室
岡山県岡山市北区芳賀5116-141
TEL:086-284-7394
FAX:086-284-2244

いい家をつくるシリーズ

最適な工法を選ぶ4 - 鉄筋コンクリート造の特徴

最適な工法を選ぶ4 - 鉄筋コンクリート造の特徴

鉄筋コンクリート造は、鉄筋とコンクリートを組合せ両者の特徴を利用した構造である。コンクリートを流すための型枠を作るため、どんな形でも可能。

 鉄骨造よりは、低層の十階建てくらいまでの建物に適した構造である。内外装の仕上を簡素にすれば安く出来る場合もあるが、一般的には木造や鉄骨造に比べて割高になる。

 耐火性があるので、燃えにくく、台風などの風に強い特徴をもっていて、沖縄では木造住宅は珍しく鉄筋コンクリート造が一般的。数年前に「コンクリートが危ない」という本が出版され話題になった。

 これは、(1)骨材資源の不足、(2)欠陥セメント、(3)手抜き工事などの要因が重なって、最悪の場合、コンクリート建物が壊れるというもの。

 最近は、品質管理もよく、ちゃんと施工管理さえしていれば何ら問題はないし、総合的に判断して最も耐久性のある建物と言える。

▲ ページのトップへ