岡山 建築設計なら山本圭介建築設計室におまかせください。木の家にこだわった岡山の建築設計事務所です。

KEISUKE YAMAMOTO ARCHITECTS
山本圭介建築設計室
岡山県岡山市北区芳賀5116-141
TEL:086-284-7394
FAX:086-284-2244

いい家をつくるシリーズ

その12 - 木の効用6~木はエアコン

木の効用6~木はエアコン

 エアコンは室内を快適な温度、湿度に保つために使われる。

 さらに、木材の特性として高い断熱性および調湿機能がある。木材を住宅の壁等に使えば外気との熱のやりとりを少なくできるため外気温度変動の影響を和らげることができる。

 また、内装材に木材を使用すれば調湿機能が働き、室内の相対湿度は安定を保つ。

 調湿機能を説明すると、室温が上昇する場合、木材は水分を室内に放湿し、室内の相対湿度低下を抑制するように働く。

 逆に、室温が低下する場合、木材は水分を室内から吸湿して木材含水率は増加し相対湿度上昇を抑制するように働く。

 重要な点は、木材の持つ調湿機能はエアコンのように電気エネルギーの投入なしに自然に行われることである。住宅内装材に木材を使用することにより、室内気候を省エネルギー的に調整することが可能である。

エアコンがあまり好きでない人には、木の家は特におすすめ。

▲ ページのトップへ