岡山 建築設計なら山本圭介建築設計室におまかせください。木の家にこだわった岡山の建築設計事務所です。

KEISUKE YAMAMOTO ARCHITECTS
山本圭介建築設計室
岡山県岡山市北区芳賀5116-141
TEL:086-284-7394
FAX:086-284-2244

木の家のススメ~次の世代に受け継がれる家~

森林イメージ地元の無垢の木と自然素材で家をつくる。
あなたは「とても高くて手が届かない。」などと諦めていませんか?

メーカー(積水ハウス、旭化成ホーム、住友林業)も50~60万円/坪か、あるいはこれ以上かかります。
コストの多くは営業マンの経費や宣伝広告費ですから仕方ありません。
住宅メーカーの仕様は、フロアー合板にビニールクロス貼が一般的です。
これは見た目が綺麗で、クレームが少ないからです。

昔の家は木と土と紙で作られていました。
ところが手頃なビニールクロスや合板フローリングが登場して徐々にこれらは使われなくなりました。
木の家は節もありますし、材料の歪もありますが、これらは強度には関係ありません。
少し考え方を変えればいいのです。

建物の完成時が一番綺麗で、その後は徐々に古くみすぼらしくなっていくだけの家。
一方、完成時は多少の節や漆喰壁の塗ムラはあるが自然素材で味のある家。

あなたなら、どちらを選択しますか?森林イメージ

自然素材は化学物質を含みません。
家以外の様々な物から化学物質は発生しますが、漆喰や珪藻土は化学物質を吸着させる効果があります。
国産材は外材に比べて、耐久性があります。
外材ならばシロアリ防虫剤の塗布が必要な場所でも、国産の杉や桧はその必要がありません。
土台と柱は桧材、梁は杉材を使った家は、100年だって在り続けます。

そして、次の世代へと受け継がれていきます。

▲ ページのトップへ